キャットフードの栄養

キャットフードを与えよう猫は人間とは異なり完全肉食の動物です。たんぱく質や資質、ビタミン、ミネラルなどの栄養が必要、たんぱく質から糖を生成することもできるため炭水化物は摂取しなくても大丈夫です。猫の身体が穀物類の消化と吸収に向いていないこともあり、穀物の摂取は逆に猫の身体に負担をかける場合もあります。

猫に必要な基本の栄養素であるたんぱく質は、筋肉や被毛など身体を作るための栄養です。特に猫はアミノ酸を体内で生成することできず、食事での摂取が必要になります。また猫は脂肪もたくさん摂取しなければなりません。脂溶性ビタミンの吸収を助けエネルギーとしても大切なリノール酸やアラキドン酸を摂取できるように気をつける必要もあります。

ビタミンやミネラルも猫の身体を健康な状態に保つための重要な働きをします。ビタミンCとKは、猫の場合体内で生成することができるので食事で摂取する必要はないのですが、そのほかのビタミンA、B、Eなどは食事から取る必要があります。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも過剰摂取にならないよう適度な摂取が必要です。毎日の栄養を計算して猫に手作りの食事を与えることは難しく、手間もかかります。安定して猫の生活に必要な栄養をバランスよく摂取させるためには、良質のキャットフードがおすすめです。