キャットフードお勧め

可愛い猫のために、栄養がきちんと摂取できるごはんで病気にならないようにしてあげたいものですが、キャットフードにはいろいろな種類や特徴があります。どのキャットフードを与えたらいいのか、選ぶポイントがわからないと非常に迷います。猫の主食として一般的なドライフードだけでも外国産のものや国産のもの、年齢別のもの、風味が違うものなど種類が豊富です。ではどこに注目してキャットフードを選ぶといいのでしょう。

おすすめのキャットフードはやはりグレインフリーのキャットフードです。肉食動物である猫がうまく消化できず身体の負担となる穀物類を使用せずに、本来必要なたんぱく質と脂肪を多く含むキャットフードで猫の健康な身体を維持することができます

また穀物類は猫の食物アレルギーの原因になる可能性もあります。近年アレルギーのある猫が増えていますが、アレルギー源となる穀物の入らないグレインフリーのキャットフードを毎日の食事に取りいれることで、アレルギー発症のリスクを減らすこともできます。尿路結石予防や毛玉予防、添加物不使用など選ぶポイントはたくさんありますが、グレインフリーはキャットフードを選ぶときの大きなポイントの一つになります。

関連サイト「モグニャン:グレインフリーキャットフード

キャットフードの種類

キャットフードは猫に必要な栄養を考えて作られている猫用ご飯です。肉食でたんぱく質や脂肪をたくさん摂取しなければならない猫のために穀物を少なく、もしくは穀物不使用(グレインフリー)で作られています。キャットフードには小さな粒状のドライフードやドライフードの水分量を増やした柔らかい半生フード、缶詰などのウェットフードの3種類がありますが、一般的にはさまざまなメリットがあるドライフードを与えている方が多いです。

ドライフードは水分量が少ない固形のフードで、他のフードよりも経済的かつ長く保存できるというメリットがあります。販売されている種類も多く、成長期の猫や成猫、高齢猫用、またダイエット用など目的に応じて選ぶことができます。キャットフードの風味や原材料もそれぞれ異なるので、猫の好みや体調を確認しながらお気に入りを決めるといいでしょう。

半生フードは販売されている種類も少なく上手な保存が難しいこともあり、毎日の食事としてよりもおやつとしてよく使用されています。ウェットフードは主に缶詰に入っているキャットフードのことですが、原材料の風味を残して作られているので猫が好んでよく食べるという特徴があり、ドライフードの補助的なごはんやごほうびごはんとして与えられることが多いフードです。

キャットフードの栄養

キャットフードを与えよう猫は人間とは異なり完全肉食の動物です。たんぱく質や資質、ビタミン、ミネラルなどの栄養が必要、たんぱく質から糖を生成することもできるため炭水化物は摂取しなくても大丈夫です。猫の身体が穀物類の消化と吸収に向いていないこともあり、穀物の摂取は逆に猫の身体に負担をかける場合もあります。

猫に必要な基本の栄養素であるたんぱく質は、筋肉や被毛など身体を作るための栄養です。特に猫はアミノ酸を体内で生成することできず、食事での摂取が必要になります。また猫は脂肪もたくさん摂取しなければなりません。脂溶性ビタミンの吸収を助けエネルギーとしても大切なリノール酸やアラキドン酸を摂取できるように気をつける必要もあります。

ビタミンやミネラルも猫の身体を健康な状態に保つための重要な働きをします。ビタミンCとKは、猫の場合体内で生成することができるので食事で摂取する必要はないのですが、そのほかのビタミンA、B、Eなどは食事から取る必要があります。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも過剰摂取にならないよう適度な摂取が必要です。毎日の栄養を計算して猫に手作りの食事を与えることは難しく、手間もかかります。安定して猫の生活に必要な栄養をバランスよく摂取させるためには、良質のキャットフードがおすすめです。

安心なキャットフード

飼い主を翻弄させるツンデレな性格が魅力の猫を飼っている方が近年増えてきていますが、可愛い猫との楽しいペットライフを送るためにも、猫にはいつまでも健康で元気に過ごして欲しいもの。食物アレルギーや尿路結石、黄色脂肪症など、毎日の食事に気をつけることで予防できる病気も多くあります。ここでは猫の健康を維持するために、大切な毎日の食事にぜひ取り入れたいキャットフードについて説明します。

キャットフードは猫に必要な栄養素を考えて、毎日バランスよく栄養を摂取できるように作られた猫用のごはんです。基本的には、粒状の形をしているドライフードを毎日与えている方が多く、他に缶詰などのフードもあります。

キャットフードにはたくさんのメーカーがあり原材料も種類もいろいろあります。それぞれのキャットフードがどう違うのか、猫のためにはどれを選べばいいのか迷いますが、世界基準でペットフードの栄養のガイドラインを定めているアメリカの「AAFCO」や、日本の「ペットフード公正取引協議会」などの栄養基準を満たしているかどうかも、安心して猫に食べさせられるキャットフードかどうかの一つの目安になります

猫は完全な肉食動物なので、キャットフードはできるだけ穀物類を少なく抑え、たんぱく質を中心に必要な栄養を含んでいます。穀物類をまったく含まないキャットフードはグルテンフリーといい、猫が消化しやすいため、身体に優しく健康を維持するために安心て与えることができるフードです。